トラバース測量計算ソフト、手計算を改善して業務効率化する原則



<計算が必須のトラバース測量にはソフト導入が有効>

多角測量は、土木工事や建設現場における基準点測量のひとつです。
障害物がある地点間場所での測量が可能となる多角測量は、トラバース測量とも呼ばれます。
トラバース測量には、計算が欠かせないためソフトの導入をおすすめします。

<トラバース測量ソフト導入には比較検討が欠かせない!>

トラバース測量ソフトは、種類がたくさんあり、どれを使ったらいいのか悩んでしまいます。
トラバース測量ソフトは色々あるので集めるのが大変です。
さまざまなトラバース測量ソフトのダウンロードサイトを覗いて、それぞれのソフトの特徴をチェックしてください。


このページでは、トラバース測量ソフトを導入しない企業の問題点、トラバース測量ソフトを導入したメリットなどについて説明しています。




トラバース測量ソフトを使用していないことで起こりうるトラブルとは

<無駄な時間と労力をかけて、正確性を失っている>

トラバース測量に用いる公式が複雑なため、トラバース計算に時間がかかってしまう。
補正量の計算を忘れてしまうことがある。

求めなければいけない角度とは異なる方の角度を導きだしてしまうと、誤った測量結果になってしまいます。

正確に地点間の測量をおこなっていたとしても、計算間違いなどの単純なミスをしてしまえば、全てが台無しになります。

<正確性を担保できないことで起こりうるトラブル>

工事の途中で測量結果に疑問を感じた際、計算のミスに気が付かなければ、最初の測量からやり直さなければいけなくなる。

ある程度工事がすすんでしまったタイミングで、測量結果がおかしいことに気が付けば、工事をやり直さなければいけなくなります。

工事をやり直すことになれば、部材費や人件費、機材のレンタル料など、無駄な支出が増えることになりかねません。

測量結果の不備が原因で工期に遅れが生じると、これまでに築いてきた会社の信用を失ってしまうおそれがあります。

工事の遅れを取り戻そうと、作業員に無茶な作業工程を強いると、事故や手抜き工事につながりかねません

利益を得られるはずの工事が、最終的に赤字になってしまうおそれがあります。


引き続き、トラバース測量ソフトを使用する際の問題点を解決する方法について説明しましょう。」

トラバース測量ソフトの導入により享受できるさまざまなメリット

<業務効率化と正確性を手に入れられる>

トラバース測量ソフトを導入すれば、時間をかけて関数電卓で計算する必要がなくなります。

計算に要する時間を短縮できるだけではなく、正確な計算結果を導くことができます。

ソフトに複雑な計算をさせるには、機器点座標や後視点座標、視準点座標などを入力するだけの単純操作です。

手計算と比較すると、トラバース測量ソフトを用いた方が、圧倒的に業務の効率化を図ることができます。

正確な地点間測量と入力間違いさえしなければ、正しい測量結果を得ることができます。

トラバース計算の単純な計算ミスや適用する公式の誤りなどを防止することが可能です。

計算ミスなどの単純なヒューマンエラーが原因で会社の信用を失墜させてしまうリスクを回避できます。

トラバース計算のミスが原因となる工事のやり直しや工期の遅延を防止することが可能です。

<フリーソフトの機能はさまざま>

フリーソフトをダウンロードする前に、どの種類のトラバース測量に対応しているのかを確認しましょう。

フリーソフトの中には、閉合トラバース・開放トラバース・結合トラバースなど複数あるトラバース測量の全てに対応しているものがあります。

その一方で、一部のトラバース測量にしか対応していないフリーソフトがあります。

補正量の計算に対応しているフリーソフトもあります。

<トラバース測量ソフトはフリーソフトと有料ソフトが有り>

フリーソフトの機能では不十分だと感じるときは、有料ソフトの導入を検討しましょう。

有料ソフトの中には、期間に限りはありますが、無料で使用できる試用版ソフトを提供しているソフトがあります。

有料ソフトの導入を検討する際は、機能や使い勝手、価格を十分に吟味しましょう。

次のような問題があると、せっかく導入したソフトが無駄になりかねません。
・価格は安いが機能が不十分で使い勝手が悪い
・高機能だが使わない機能が多く価格が高い
・トラブルの解決方法が分からないので使えない

<有料ソフト導入前に確認すべきポイント>

特徴・機能などの詳細情報やデモ画面を確認できるパンフレットは、大多数の有料ソフトの公式サイトに掲載されています。

一部のソフトは、使い方マニュアルを公式サイトで公開していますので、検討材料のひとつにしましょう。

公式サイトにFAQが掲載されている、メール・電話で質問ができる、などサポート体制が充実しているかを見極めことも大切です。

まとめ/トラバース測量ソフト導入により業務の効率化が図れる

トラバース測量ソフトの導入を考えていなかった人も、以下のようなメリットがありますので、ソフトの導入を検討ください。

<正確性を担保できる>

関数電卓などを用いた手計算と比較すると、短い時間で正確な計算結果が得られます。

トラバース測量ソフトでの計算は、複雑な操作は不要なため、作業効率が向上します。

計算ミスや適用公式の間違いを防ぐことができます。

単純ミスをしないことは、会社の信用を失うリスク低減につながるでしょう。

<ソフト導入には比較検討が欠かせない>

全てのフリーソフトが、複数あるトラバース測量に対応しているわけではありません。

ダウンロードする前に、対応しているトラバース測量について確認しましょう。

使用予定の機能がフリーソフトで対応できない場合は、有料ソフトの導入を検討しましょう。

有料ソフトの導入には、機能や使い勝手だけではなく、価格も考慮しましょう。

サポート体制が整っているのか、も重要な検討材料のひとつです。

試用版ソフトがある場合は、購入前に必ず試用版ソフトで使い勝手などを確認しましょう。