水路工・管水路の計算、堰の流量計算、ダム・落差工の計算



水路工・管水路の計算、堰の流量計算、ダム・落差工の計算のフリーソフトです。
単断面水路・複断面の流量計算・水深計算・余裕高の算出、限界水深から常流・射流を判定、開水路余裕高の算定、円形管の実流速計算、管水路の損失計算、堰の流量計算、横越流余水吐けの計算、落差工の計算、砂防えん堤・ダムの設計などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

水路工、管水路の計算 フリーソフト

単断面水路

単断面水路

土木設計業務における単断面水路の流量、水深、余裕高を簡易的に算出するプログラムです。水深から流量、流量から水深の算出ができます。水路の断面形状、流量より勾配の決定をします。限界水深を求めて、常流か射流か判定をします。流量から余裕高を算出します。

水理計算

水理計算

単断面および複断面の水理計算(水深計算)を行うプログラムです。矩形水路、台形水路、管渠水路に対応します。流下能力計算(管渠断面)を行います。マニング平均流速公式により計算し、計算書を出力できます。

開水路余裕高の算定

開水路余裕高の算定

「土地改良事業計画設計基準 設計「水路工」基準書 技術書 H13.2」に準拠した余裕高の算定をします。用水路、排水路別になっており、変更可能な水路壁高決定のフローチャートも付いています。

一般水路の等流計算ソフト「せせらぎ3」

一般水路の等流計算ソフト「せせらぎ3」

単・複断面、円形、ホロ形、馬蹄形の等流計算を行います。マニング公式やガンギレー・クッター公式により、流計算を行うもので、流量・勾配等から水深を一発算出できます。当然その逆も可能です。

円形管の実流速計算

円形管の実流速計算

円形管における実流速の計算を行います。水深を動定し、流速を収束計算により算出しています。出力は最大排水能力、満管時排水能力と実流速計算結果として、径深、実水深等を計算します。

EXCEL 管水路の損失計算

EXCEL 管水路の損失計算

農業土木学会『土地改良事業計画設計基準・設計「水路工」』に基づき、管水路の水理計算を行います。区間距離・縦断変点標高・平面角より、各測点の標高・管実長・合成角を計算し、管種と管径より、摩擦・屈折・湾曲・その他損失水頭を計算し、水位を算出します。

管路網水理計算プログラム (水道・農水兼編)

管路網水理計算プログラム (水道・農水兼編)

管路網水理計算と同時に概算工事金額まで解け、比較設計ができます。出力結果ファイルの作成、等動水勾配法による口径決定、インプットチエック、複数水源の計算、雑給水量の合算、計算の過程を表示などが行えます。



堰の流量計算、ダム・落差工の計算 フリーソフト

堰の流量計算

堰の流量計算

堰の流量計算ができるフリーソフトウェアです。堰の形状は、四角堰及び直角三角形堰です。計算条件は、降雨強度式及び君島式です。堰の流量計算は、堰の越流水位、水路底面からの高さ、堰の幅などから計算します。

EXCEL 横越流余水吐けの計算

EXCEL 横越流余水吐けの計算

横越流余水吐け計算を行います。試算条件は、上流Q2と越流高D1を指定して下流Q1を求める、上流Q2と下流Q1を指定して越流高D1を求めるなどの4ケースを指定できます。定形断面の他、任意に座標断面を設定できます。オプションで横越流式洪水調節計算ができます。

EXCEL 落差工の計算

EXCEL 落差工の計算

建設省河川砂防技術基準、同解説 設計編[I]に準拠し、落差工の水理計算及び安定計算を行います。計画流量、単位幅当りの流量を選択できます。河川断面は上流、中間、下流側断面を矩形、複断面などの定形断面のほか、任意座標で設定でき、合成租度に対応できます。

落差工の設計

落差工の設計

土地改良事業計画指針「水路工」に基づき、「水クッション型落差工」の設計を行います。計算内容は、水クッション部の上・下流取付水路の水理計算、クッション規模の比較検討、その他の計算からなります。等流水深、限界水深、限界比エネルギー等の水理計算を行います。

砂防施設(えん堤・ダム)設計システム

砂防施設(えん堤・ダム)設計システム
 
不透過型、透過型、部分透過型の重力式コンクリート砂防えん堤について設計を行います。えん堤高が15m以上のハイダム、15m未満のローダムの非越流部および越流部の計算が可能です。複数の上流側、下流側のり勾配を同時に計算することが可能です。



確率雨量、管応力計算、円管流下能力、円形断面、ヒューム管の構造計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
摩擦以外の損失水頭には、流入による損失水頭、断面変化による損失水頭、弁による損失水頭、流出による損失水頭などがあります。屈折による損失水頭は、実験式により求まります。流入損失係数の数値は、管の入口の形状により違ってきます。曲がりや屈折による損失水頭は、管の向きが変わると、流れに渦ができて損失水頭が発生します。仮設流量計算、円形管の構造計算、コルゲート断面計算、円管フリーソフト、フリューム管、排水能力ソフト、フリュームの構造計算、円形管の流量計算、円形管流下能力、管の流量計算、鉄筋コンクリート管の流量など、管の流量計算のソフトが、ダウンロードできます。
曲がり損失係数の数値は、曲がりの角度、半径、管径などの影響をうけます。平均流速公式は、損失水頭が水と、管との摩擦だけで発生すると考えたものです。管水路の設計では、いろいろな損失水頭、管径や流量との関係を理解することが重要になります。管水路は、建設工事の上水道の管路や、工場の送排水管、油送用のパイプラインなどによく使われています。