鉄筋計算




鉄筋計算のフリーソフトです。
設計総重量・定尺総重量・ロス率から鉄筋発注シートを作成、継手・加工寸法・角度を計算して鉄筋加工帳を作成、鉄筋の拾い出し・加工帳作成・検索、加工状況や鉄筋の使用箇所の確認、異形棒綱の断面積・周長を計算、定尺鉄筋の割付・集計・発注表の転記、必要な鉄筋定着部材の最小巾を算定などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

鉄筋計算のフリーソフト

鉄ひろ 2

鉄ひろ 2

手書き感覚の鉄筋加工帳です。形状、寸法が見やすく、最も無駄の無い定尺、本数を瞬時に自動計算し集計します。形状は自己作成も可能で、備考欄に自由に入力ができます。拾い出しの際には、非常に面倒な継手、加工寸法、角度計算等を支援します。

f

f

異形棒綱の断面積及び周長を求める計算プログラムです。実務経験者が構造計算書の計算チェックをする目的で開発したプログラムです。鉄筋コンクリート構造計算基準・同解説の、巻末の付録一覧表の代わりとして使用できます。

EXCEL97による「定尺長鉄筋の割付」 LST12x

EXCEL97による「定尺長鉄筋の割付」 LST12x

定尺表シートに登録した定尺鉄筋から、割付、集計、発注表の転記をしてくれます。○.○○○m~○.○○○mなどの入力で、自動的に対処し、定尺長鉄筋を割り付けます。鉄筋表入力では、鉄筋径の半角文字Dを省略して入力することもできます。

JASS5改訂 鉄筋定着部材算定

JASS5改訂 鉄筋定着部材算定

鉄筋定着長さ(L2)を確保するために必要な接続である鉄筋定着の部材について、最小巾(柱せい、梁巾)の算定ができます。エクセルを使用し、強度や主筋経など、主部材と接着部材の情報を入力すると最小部材巾を自動計算してくれます。

鉄筋圧接集計表

鉄筋圧接集計表

エクセルを使用して鉄筋圧接箇所を自動集計するソフトです。階別・部位別の鉄筋圧接箇所数を入力することで、常用回数や検査本数を計算して鉄筋圧接箇所を集計します。入力調書と集計表が一体となっており、1シートですべてが確認できます。



鉄筋に付帯しているロールマーク、メーカー・径・強度を示す刻印を確認します。鉄筋は、適切な位置に配置し、コンクリートを打設する時に動かないように十分堅固に組み立て、組立用鋼材を使用します。施工者は自主検査をして、コンクリート打設前までに設計監理者の検査を受けるとともに、指摘事填のチェックや修正を行います。
継手・加工寸法・角度を計算して鉄筋加工帳を作成、異形棒綱の断面積・周長を計算、定尺鉄筋の割付・集計・発注表の転記、必要な鉄筋定着部材の最小巾を算定などの鉄筋の継手・加工計算のソフトです。
鉄筋は、組み立てる前に清掃し、浮きさび、鉄筋とコンクリートとが付いた場合に発生が予想される有害成分を除去します。鉄筋の組み立て時は、鉄筋の種類、径、長さ、かぶり厚ざ、間隔、継手位置や種類、乱れなど多くの項目に留意して組み立てる必要があります。
鉄筋の構造計算、鉄筋数量計算、重量計算、ダクタイル、H鋼強度計算表、JASS、SUS、RC応力度計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。