作業日報・工事日報



作業日報・工事日報・工事日誌のフリーソフトです。
現場の工事日報を一括管理、明細の集計やデータを活用できる電子日報、工事原価の把握、工事日報の管理、物件ごとに進捗率・進捗金額・残高金額の把握、自社労務の集計、機用機械の集計、資材の集計、工種毎の歩掛り計算、施工業者登録・材料登録・機械登録・安全指示事項登録、工事日誌・安全指示書の作成などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

作業日報・工事日報のフリーソフト

エクセル 常用作業日報

エクセル 常用作業日報

シンプルな常用作業日報ソフトです。入力列を強調表示する事ができます。実行予算の予算残額、最終利益を確認できます。作業日報は、その日の工事内容・反省点・報告点を記入し、上長に報告するための書類です。

土木作業日報

土木作業日報

土木屋さんが作った作業日報です。毎日付けなくてはいけない作業日報が面倒な方や、人員累計を間違えて提出したくない方に便利なソフトです。現場から経営者まで使える、簡単工程表 EXCELです。建築工事にも対応しています。

エクセル工事日誌 (岐阜県版)

エクセル工事日誌 (岐阜県版)

エクセルで簡単にスピーディーに、岐阜県の建設工事で提出する工事日誌を作成するソフトです。建設工事に従事する作者が長年使用しており、使い勝手も抜群です。日付、天気、気温の入力も簡単に行えます。手間のかかる作業を簡単に行えます。

Accessで「みんなの工事日報」

Accessで「みんなの工事日報」

土木現場の工事日報をパソコンで記入する電子日報です。複数の現場の工事日報を一括管理するとともに、明細の集計やデータを活用できるように作成した電子日報です。前作「みんなの現場日報」を簡略改訂したものです。まとめて処理してくれる、業務に必須のツールです。

CREDO 作業日報管理システム

CREDO 作業日報管理システム

物件・担当ごとに作業内容、進捗を管理するソフトです。作業担当者の日々の作業を登録することにより、物件別・作業担当別の内容を集計することができます。担当者には、通常・残業・深夜単価を設定でき、物件ごとに進捗率、進捗金額および残高金額が把握できます。

工事日報管理システム for Access 2000 フリー版

工事日報管理システム for Access 2000 フリー版

工事原価の把握、工事日報の管理ができます。費目の材労外経は理解してください。工事原価その前に、まずは現状を把握してみましょう。シェア・ウエァ公開にともない フリー版はmdeです。大変だった作業を効率化することができます。



作業日報・工事日報のフリーソフト その2

身を守る工事日報 Vol3

身を守る工事日報 Vol3

身を守る工事日報&実行予算から実行予算箇所を削除しました。使用者のご要望に応えて、自社労務の集計、機用機械の集計、資材の集計、工種毎の歩掛りが計算できるようにしました。エクセルで作成し、自分用にカスタマイズがすることが可能です。

工事日誌 POMO

工事日誌 POMO

工事日誌、安全指示書を作成します。データー登録数は450日、施工業者登録は6、材料登録は100、機械登録20、安全指示事項は30登録できます。ユーザー登録されるまでは出力シートに「ユーザー登録して下さい」と張り付けられます。充実機能で作業効率が大幅アップします。

作業日報入力マクロ Plus

作業日報入力マクロ Plus

社員の作業日報の入力を補助し、データを社員、日付、作業内容等の組合せで集計するVBAマクロです。色々な組合せで工数を集計できます。作業日報の入力時、作業時間の流れに誤りが無いかチェックを行います。作業時間の大幅な短縮になります。

超速日報システム (フリー版)

超速日報システム (フリー版)

簡単に工事日報入力・原価管理・台帳・出勤簿まで行えるソフトです。随時原価把握により迅速に工程管理、請求への対応ができます。 社内ランで一元管理も簡単にできます。工事日報は、当日の作業員数や工事内容、連絡事項を報告するための書類です。

らくらく工事日報

らくらく工事日報

カレンダーで整理できるらくらく工事日報です。集計一覧表も付けました。人員集計や、A4横サイズの印刷も可能です。シンプルで使いやすい日報です。画面のセルをダブルクリックして直接入力するか、右クリックして覚えてる文字を呼び出して入力する方法で書込ができます。

日報作成 for 大工さん

日報作成 for 大工さん

作業日誌などを、簡単に記録・編集・観覧・集計ができるソフトです。簡単に集計などもできます。作業日誌以外にも、使い方しだいでは、他にも使えると思います。ファイル名の自由化や、ファイルごとに項目を設定することができます。



工程表を作成する方法は、PERT手法とCPM手法とを合わせたものです。工事の進捗段階で、余裕のない経路が発生した場合は、クリティカルパスをもとにした重点管理が求められます。相互作業の関わり、作業順序、施工時期、重点管理を要する作業などを確実に把握できます。
ネットワーク式工程表は、横線式工程表と比較して、工程表の作成に費用と労力がたくさんかかります。PERTは時間を対象にした手法で、CPMは費用を表す手法です。ネットワーク式工程表ができたころは、用語も手法も違ったものでした。