熱伝導・放熱量計算、熱負荷・熱量




熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算のフリーソフトです。
水タンク・空気ダクトの放熱計算・加熱計算、加熱時間・必要ワット数・放熱による損失熱量の計算、必要な断熱材厚さの計算、保温厚さと放熱量の計算、2次元定常熱伝導解析を行うソフト、空調冷房負荷・熱負荷の計算、空調設備の熱量計算、熱交換器の流体温度・熱伝達率・熱通過率・圧力損失・伝熱諸元の計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

熱伝導計算、放熱量の計算 フリーソフト

伝熱計算

伝熱計算

水タンク、空気ダクトの放熱、加熱計算をします。加熱時間、必要ワット数、放熱による損失熱量、必要な断熱材厚さなどを計算します。熱伝導率が熱の伝わりやすさを表すのに対して、熱抵抗は熱の伝わりにくさを表します。熱抵抗は熱伝導率の逆数に比例します。

簡単熱伝導 2

簡単熱伝導 2

解析初心者向けの3層構造に限定した、FEM熱伝導解析アプリケーションです。構造モデルが3層と決まっていますから、データ入力がとても簡単です。層の厚さと材料定数を入力するだけです。非定常解析ができますから、時間変化する現象も手軽に解析可能です。

2次元定常 熱伝導解析

2次元定常 熱伝導解析

2次元定常熱伝導解析を行うソフトです。AutoCad2000,2004LTとExcelを使用して、熱伝導を有限要素法で解析します。計算された結果はExcelに転送されるので、結果の加工を容易にさせます。等温線のデータは、AUTOCADに転送され、等温線が作図されます。

2次元 熱伝導解析 セット

2次元 熱伝導解析 セット

有限要素法による汎用的な、2次元熱伝導解析ソフトです。有限要素法により温度変化を解析します。定常および非定常の解析が可能です。2次元熱伝導解析と、FEM断面データの2本のソフトから構成されています。熱伝導の式に熱量を代入して計算します。

温度くん 3

温度くん 3

2次元のパーソナルな熱伝導解析ソフトです。最大節点数は125です。個人向けの温度解析ツール、学習用として、工夫次第でいろいろなモデルが解けることと思います。伝熱解析は、電子製品の温度分布の把握や製品の小型・軽量化などに用いられます。

熱伝導解析 2S

熱伝導解析 2S

解析初心者にも簡単に使えるように開発された、2次元のFEM熱伝導解析アプリケーションです。データ入力に際しては、次に入力する項目をガイドしてくれますから、迷うことがありません。材料、形状、発熱、境界条件、保存と、それぞれ画面が展開して行きます。

保温厚さと放熱量の計算 エクセルシート

保温厚さと放熱量の計算 エクセルシート

エクセルのシートで、最適な保温厚さと放熱量を計算します。プラントの稼働時間と熱量単価などから、最適な断熱材厚さとそのときの放散熱量を計算するシートです。JIS:A9501-1995の保温厚さ及び放散熱量の表に相当する計算です。放熱量は単位時間あたりの通過熱量です。



熱負荷計算、熱量計算、熱交換器 フリーソフト

熱負荷プロ

熱負荷プロ

エアコンの冷房負荷(熱負荷)を、自働計算するソフトです。入力は東西南北の壁の縦横高さと材質及び厚さのみです。その他の計算はデフォルト値を基に自働適合されます。集計単位は旧単位ですので、集計結果を単位変換する必要があります。

熱量計算

熱量計算

建築の空調設備の熱量計算をします。コメントに従って、添付データーを入力すると、国交省仕様に順じた熱量計算ができます。部屋では熱量の損失や除去が行われます。熱量の計算、熱負荷の計算を行うことで、冷暖房機器の容量を算出することができます。

空調設備の熱量計算

空調設備の熱量計算

計算はシート順に、記入欄の、表示されたコメントに従って、表から選定記入していくと完成します。方位シート、室条件シート、熱通過率、負荷一覧、各室負荷と欄を埋めていきます。熱通過率などの難しいものは、特別な条件以外は、既に例題で多数が作成されています。

建物の空調計画 : 熱量計算

建物の空調計画 : 熱量計算

計算はシート順に、記入欄の表示されたコメントに従って、表から選定記入していくと完成します。方位シート、室条件シート、熱通過率、負荷一覧、各室負荷と欄を埋めるようになっています。熱通過率など特別な条件以外は、既に例題で多数が作成されています。

プレート式熱交換器伝熱予備設計支援ソフト PHEX36

プレート式熱交換器伝熱予備設計支援ソフト PHEX36

プレート式熱交換器の伝熱予備設計に迅速に対応できます。計算で求められるアイテムは、流体温度、熱伝達率、熱通過率、圧力損失、熱交換器概略寸法などです。省エネ(熱回収)用、既設熱交性能チェック等の熱交換器に対する予備計算ソフトとして活用できます。

速算 プレート熱交換器 (製品版)

速算 プレート熱交換器 (製品版)

対向流式、プレート型熱交換器の性能を計算できるソフトです。カスタム製作にも対応しています。熱交換器1台の実験結果より、総括伝熱係数をはじき出し、直列および、並列に多段接続したときの出口温度を計算します。また、水対空気の計算も可能です。



摩擦抵抗計算、圧力損失計算、下水設計計算、ダクト圧力損失計算、熱量計算などのフリーソフトが、ダウンロードできます。天井内に設置するダクトは、甚だしい偏平ダクトとならないように、梁下と天井の間のスヘースを確保して、必要なケースでは梁貫通なども検討します。
ダクトの計画を行うときの留意点は、たくさんあります。ダクト板の振動はダクト板の増厚保や、金具による補強で防止します。空調機、送風機、吹出し口、吸込み口ができる限り最短距離となるように計画を行います。ダクトの計画は、室内の室温度・気流分布が均一で、一様となるように吹出し口、吸込み口を計画することからスタートします。
ダクトスペースは、施工段階だけでなく、竣工後の保守管理にも負荷がかからないように計画します。加熱時間・必要ワット数・放熱による損失熱量の計算、2次元定常熱伝導解析を行うソフト、熱交換器の流体温度・熱伝達率・熱通過率・圧力損失・伝熱諸元の計算など、熱伝導・放熱量の計算、熱負荷・熱量計算のフリーソフトです。