擁壁の計算、重力式擁壁の計算



擁壁の計算、重力式擁壁の計算のフリーソフトです。
道路土工・擁壁工指針に基づいた重力式擁壁の安定計算ソフト、クーロン公式・試行くさび法による土圧計算、などのフリーソフトが、ダウンロードできます。




擁壁の計算 総合 フリーソフト

擁壁計算では、設置箇所や構造形式により条件を選択

 擁壁には構造によって、重力式、半重力式、もたれ式や、片持ち梁式の逆T型・L型など、様々な形式があります。現地の土質や、用地界などの条件を考慮した上で、設置目的に合った機能と安全性を有し、かつ、経済的な形式を採用する必要があります。重力式擁壁は、擁壁の自重のみで土圧を支持する形式であるため、壁高が大きくなると擁壁規模、特に基礎幅も大きくなり、経済的に不利となります。そのため、壁高5m程度までとし、擁壁の自重に耐えられる基礎工を検討する必要があります。
 擁壁の計算ソフトでは、自重、載荷重、土圧、地震の影響、水圧及び浮力、雪荷重、風荷重、衝突荷重などを設置箇所の諸条件や、構造形式により選択します。擁壁の形状や材料定数、裏込め土砂と基礎地盤の土質定数等を入力します。擁壁の断面形状に対応し、擁壁の安定計算、部材計算、竪壁・底版・突起・張出部などの応力検討、基礎の安定計算などを行います。また、各種準拠指針に従って照査を行います。

WALL-EX 擁壁の計算I

WALL-EX 擁壁の計算I

「道路橋示方書」および「道路土工」に準拠して、逆T式・L型・重力式・半重力式・もたれ式擁壁の直接基礎構造計算および断面照査を行います。試行くさび法では背面形状及び上戴荷重はXY座標点により自由に設定できます。クーロン式では一定勾配の計算になります。

片持梁式 擁壁計算

片持梁式 擁壁計算

L型、逆T型、逆L型など、片持梁式鉄筋コンクリート造擁壁の安定計算、断面計算ができます。宅地造成等規制法、建築基準法、道路土工-擁壁工指針に基づいて計算されます。常時及び地震時の計算ができます。主働土圧係数(KA)の計算はクーロンの土圧公式によります。

片持ばり式擁壁の設計

片持ばり式擁壁の設計

片持ばり式擁壁の設計を行います。擁壁の断面形状は逆T型・L型・逆L型に対応し、直接基礎、段差基礎、杭基礎の安定計算/竪壁、底版、突起の部材計算が行え、出力はそのまま報告書として利用できます。別売の作図ソフトと連動して構造図、配筋図の作図もできます。

U型擁壁計算

U型擁壁計算

宅地造成等規制法、建築基準法、道路土工-擁壁工指針に基づいて、U型鉄筋コンクリート造擁壁の安定性を検討します。転倒、基礎地盤の支持力、滑動、部材の断面を計算します。常時及び地震時の計算ができ、主働土圧係数の計算は、クーロンの土圧公式によります。

任意形擁壁設計システム

任意形擁壁設計システム

さまざまな形状の擁壁に対する安定計算および断面計算を行うシステムです。擁壁前面側への張出しを別途入力することができます。控え壁の考慮が可能(安定計算のみ)です。突起の考慮が可能です。部材の応力度検討や円弧すべりによる全体安定の検討も可能です。

重力式擁壁の計算 フリーソフト

重力式擁壁 安定計算

重力式擁壁 安定計算

道路土工 擁壁工指針に準拠した、重力式擁壁の安定計算ソフトです。土圧の計算方法は、試行楔法で、通常時および地震時について、計算が行なえます。部材の安全性の照査機能の追加と設計水平震度に任意の値の設定が可能です。サンプルデータで入力例を確認できます。

重力式擁壁の安定計算

重力式擁壁の安定計算

道路土工 擁壁工指針に準じて、重力式擁壁の安定計算を行うソフトです。荷重を受けたとき、擁壁が転倒、滑動、支持力に対して所定の安全性を確保しているかを照査します。シェアウェアで未登録時には設計条件入力項目に制限があります。

重力式擁壁の設計

重力式擁壁の設計

道路土工、宅地防災マニュアル、土地改良設計基準、設計要領、落石対策便覧、土砂災害防止対策の推進に関する法律関係資料のほか各種基準に対応した設計ができます。直接基礎、段差基礎、杭基礎の安定計算、竪壁、底版、突起の部材計算と印刷ができます。

重力式擁壁 設計支援システム

重力式擁壁 設計支援システム

重力式擁壁及びもたれ式擁壁の安定計算及び構造計算用ソフトです。SI単位系に対応します。重力式擁壁及びもたれ式擁壁に対応します。地震時、地下水、浮力等に対応します。安定計算、構造計算ができます。計算結果を図で表示されるため分かりやすくなっています。

重力式擁壁計算

重力式擁壁計算

宅地造成等規制法、建築基準法、道路土工-擁壁工指針に基づいて、重力式コンクリート造擁壁の安定性を計算します。転倒、基礎地盤の支持力、滑動の検討と、常時及び地震時の計算ができます。土圧の計算は、クーロンの土圧公式及び試行くさび法によります。