地盤改良、液状化の判定、杭基礎

地盤改良、液状化の判定、杭基礎の計算のフリーソフトです。
浅層混合処理工法による改良地盤の長期許容支持力の算定と布基礎の検討、深層混合処理工法の柱状改良体の長期許容支持力の算定、地盤液状化の判定計算、打込み杭工法・場所打ち杭工法・中堀杭工法の杭基礎の安定計算、PC杭・PHC杭の水平耐力の検討、負の摩擦力に対する杭の支持力の検討などのフリーソフトが、ダウンロードできます。

地盤改良、液状化の判定 フリーソフト

表層改良 Kさん

表層改良 Kさん

スウェーデン式サウンディング試験の結果で、浅層混合処理工法による改良地盤の長期許容支持力の算定と、布基礎の検討をするソフトです。浅層混合処理工法の設計では、改良地盤の鉛直支持力の検討を行い評価します。

柱状改良 Kさん

柱状改良 Kさん

柱状改良体の長期許容支持力の算定をするソフトです。スウェーデン式サウンディング試験の結果で、深層混合処理工法によります。深層混合処理工法の設計では、改良地盤の鉛直支持力の検討を行い評価します。

地盤改良設計計算支援 YUKI for Windows

地盤改良設計計算支援 YUKI for Windows

新指針に対応した建築地盤改良の設計支援プログラムです。建築物のための地盤改良工事において、設計計算書のスケルトンを作成できます。地盤改良の設計では、地盤の改良体の許容応力度を検討します。深層・浅層混合処理工法では、改良地盤の鉛直支持力の検討も行います。

EXCEL 薬液注入改良 断面計算

EXCEL 薬液注入改良 断面計算

下水道工事の地盤改良を行う、外圧管、推進管、陶管・塩化ビニル管などの埋設管の、構造計算プログラムです。計算式はマーストン公式・直土圧式、下水道協会式(改訂式)、道路土工に対応します。EXCELの機能によりデータのコピー貼り付け・条件の保存が簡単に行えます。

EXCEL 地盤種別 液状化の判定

EXCEL 地盤種別 液状化の判定

耐震設計上の地盤種別および砂質地盤の液状化の判定を行います。地盤種別・液状化判定の必要層・地震時せん断応力比・動的せん断強度比を詳細に出力し、計算結果一覧表を出力します。土層データとボーリングN値データより計算層を自動的に生成し計算します。

液状化の判定

液状化の判定

液状化の判定が最大10層できるソフトです。液状化の判定は、判定対象土層の設定、地盤内各深さの等価な繰返しせん断応力比の算定、液状化抵抗比の算定、各深さにおける液状化安全率FLの算定、地点における液状化危険度PLの算定のフローに沿って行います。

CKC-Liq_SI

CKC-Liq_SI

ボーリング柱状図の土質区分・N値・地下水位などのデータを元に、地盤の液状化簡易判定計算を行い、結果帳票を作成し印刷するツールです。統合GIS地盤データベースシステム[G-Cube]に付属しているツールです。SI単位、従来(CGS)単位の計算が可能です。



杭基礎の計算 フリーソフト

杭の支持力算定プログラム (道示編)

杭の支持力算定プログラム (道示編)

杭の許容支持力を道示IVに基づいて算定するプログラムです。支持杭および摩擦杭の許容支持力の、算定ができます。打込み杭工法・場所打ち杭工法・中堀杭工法・中堀杭工法・中堀杭工法など施工法別に標準的な値を算出します。杭の支持力検討グラフを簡単に作成できます

杭基礎の安定計算

杭基礎の安定計算

道路橋示方書・同解説IV下部構造編(H14.3)に準拠し、線形弾性地盤反力法にて杭基礎の設計を支援するプログラムです。杭基礎の安定計算を検討します。常時、暴風時およびレベル1地震時に対する安定検討が行えます。杭のバネ定数は内部計算機能があります。

DPILE

DPILE

PC、PHC杭の水平耐力検討用ソフトです。断面性能も入力不要です。見積用には最適です。保有水平耐力計算の計算条件等を入力し解析を行います。保有水平耐力が必要保有水平耐力以上になればOKです。NGとなる場合は必要な箇所を補強し耐力を上げていく必要があります。

NPILE

NPILE

杭の支持力計算用プログラムです。杭の諸係数は入力する必要が有りません。杭の許容支持力は、地盤の極限支持力と杭体の許容応力度より定まります。支持地盤として良好な硬い地盤であれば、支持層の深さに関係なく、支持杭として設計することになります。

杭ののみこみ長さによる必要有効成の計算

杭ののみこみ長さによる必要有効成の計算

杭ののみこみ長さによる必要有効成の計算を行います。杭径及び杭耐力による必要基礎成(デプス)の計算です。フーチングへの杭頭の呑み込み長さは、大径杭の場合はへりあき300mm程度、呑み込み長さは200mm程度(杭頭鉄筋の必要溶接長+70mm程度)になります。

杭基礎 : PHC杭(短杭)の許容支持力の算定

杭基礎 : PHC杭(短杭)の許容支持力の算定

杭基礎:PHC杭(短杭)の許容支持力の算定を行います。杭の許容支持力は、杭材料の許容応力度から求まる許容支持力、地盤の強度から求まる許容支持力のいずれか小さい値を杭の許容支持力とします。杭の載荷試験による値と地盤調査結果による計算値の2つの求め方があります。

杭基礎 : 負の摩擦力に対する杭の支持力の検討

杭基礎 : 負の摩擦力に対する杭の支持力の検討

杭基礎:負の摩擦力に対する杭の支持力の検討を行います。負の摩擦力とは、杭周囲の地盤沈下によって発生する下向きの摩擦力です。杭に地盤沈下が生じると、杭周面には下向きの摩擦力が発生し、杭の軸力は、上部構造から受けた荷重以上になります。

杭基礎スラブのベース筋先端付着長さの計算

杭基礎スラブのベース筋先端付着長さの計算

杭基礎スラブ:杭基礎スラブのベース筋先端付着長さの計算を行います。杭芯ずれによる杭径別の杭芯より、ベース縁あき寸法が縮小されるため、ベース筋の付着長さが満足しているかの検討を行います。杭径にて主筋径別の付着長さの検討を行います。



普通の土砂地盤のケースでは、掘削作業に続いて、割栗石や砕石などを敷き均して基礎地盤の処理を行います。基礎と地盤改良、多層地盤の盤ぶくれ、抑止杭設計、梁強度計算、仮設土留め矢板など、地盤改良・薬液注入・液状化のフリーソフトのリンク集です。
掘削底面を長時間放置すると、緩みや風化を生じるので、コンクリート打設直前によい基礎底面を出すか、均しコンクリートで被覆を行います。薬液注入、液状化判定、地盤改良の計算、深層混合処理、地盤改良における盤ぶくれの計算、土壌改良の施工、深層混合処理設計計算、浅層地盤改良などの地盤改良・薬液注入・液状化のソフトです。
砂地盤のケースでは、割栗石を砂層に十分たたきつけ、均しコンクリートを打設します。基礎底面の処理について検討を行います。基礎底面は、支持地盤に密着し、十分なせん断抵抗が保持できるように処理します。掘削によって、支持地盤が緩まないように注意します。