JW_CAD




JW_CADのフリーソフトです。
エクセルで作成した表をJw_cadにコピー、エクセルやワードにオブジェクトとして貼り付けるJwwビューワーソフト、JW_CAD図面のマルチビュー、MS-Word・E xcelへベクトルデータ貼り付け・ファイル名変更・削除・コピー、Jwcad線記号変形雲マーク、JWW図面の多段書き込み・引き出し線、PDFデータをJWCAD データに変換するPDFベクタ変換システム、JWC/JWKからJWW/JWSへの変換ソフトなどのフリーソフトが、ダウンロードできます。

JW_CAD フリーソフト

Excel to Jw_win

Excel to Jw_win

エクセルで作成した表を、できるだけ簡単な操作で Jw_cad for Windows にコピーできるようにするための、エクセルアドインソフトです。エクセル上で作成した表を範囲指定でき、Windowsでの一般的なコピー&ペーストと、ほとんど同様の操作でコピーが可能です。

JexPad

JexPad

Jw_cad の図面を、他のアプリケーションに貼り付けることが出来る、Jwwビューワーソフトです。エクセルやワード、一太郎といったOLE対応のアプリケーションに、図面を単なる画像ではなく、オブジェクトとして貼り付けることができます。

JWB32 for Windows 95/98/NT4.0

JWB32 for Windows 95/98/NT4.0

JW_CADの図面の高機能ブラウザソフトです。JW_CAD図面のマルチビュー、印刷、MS-Word等へ、ベクトルデータ貼り付け・ファイル名変更・削除・コピーなどができます。自動作図などスクリプティングの機能を標準で盛り込みなどの開発予定があります。

Jwcad 線記号変形雲マーク 36種

Jwcad 線記号変形雲マーク 36種

雲形枠・補助線と線色1~線色8の全9色雲形4形状が、全36種類あります。枠内に注意書き、修正要求などを書き込むと、更に作業がはかどるでしょう。線記号変形は、この他にも実務に役立つデータが数多く公開されています。自分で作ることもできますが大変です。

PDF→JW 変換Master (365日版)

PDF→JW 変換Master (365日版)

PDFデータをJWCADデータに変換することができる、PDFベクタ変換システムです。PDFデータを読込み、自動でJWCADデータに変換することができます。AutoCADやJWCADから出力したPDFデータを読込み、自動でJWCADデータへの変換も可能です。

JwCad お助け君

JwCad お助け君

直線の引き方から、2.5D、線記号変形まで、JW_CADの自習用演習とマニュアルです。各操作の演習と説明で、必ずJwCadのスペシャリストになれます。実寸指定の場合は別ですが、素材は1:1のスケールで作成しましょう。変換時の基点は、JWWの複写コマンド等と同じです。



JW_CAD フリーソフト その2

JWW線 記号変形・引き出し線 (注意書き記入)

JWW線 記号変形・引き出し線 (注意書き記入)

JWWの図面内に引き出し線付きで注意書きや説明書きができます。枠も3種用あり、読み分けも考慮しています。多段書き込み、枠無しにも対応し、引き出し線は4種あります。マウス倍率変換時の基点は左下です。変換後の文字列には、各定義文字は省かれます。

JWC2JWW

JWC2JWW

JW_CADのJWCデータファイル、JWK図形ファイルを、JW_CAD for Windowsの、ファイル形式 JWW/JWSに、一括変換するためのソフトです。変換に伴い、微妙な数値誤差を補正し、文字フォントを指定する機能を持っています。ファイル一括変換を使うと便利です。

JwwToXls

JwwToXls

Jw_cadの外部変形機能を用いて作成したデータを、Microsoft Excelの図形として描画する、Excelマクロです。Jw_cadで作画した図形をJw_cadの外部変形機能、座標ファイル機能を用いて書き出した図形データを、Excelのオートシェイプの図形で描画することができます。

JwCAD Info

JwCAD Info

エクスプローラの機能を拡張するアドオンソフトで、Jw_cadの情報を表示します。ファイルの拡張子が、Jww,Jwcにマウスカーソルを近づけると図面の情報が表示されます。表示をアイコン中、大、特大にすると、拡張子Jww,Jws,Jwc,Jwkはイメージが表示されます。

X-J

X-J

Excel97←→JW_CADの変換マクロです。Excelで選択したセル範囲を、JWCファイルに変換して出力します。クリップボードを経由してsh/32に貼付けます。JWCファイル、sh/32でコピーされたクリップボード上のデータを、Excelの図形オブジェクトとして表示します。



構成要素が複数あっても、要素はそれぞれ接続しているので、CAD上は1つの図形として扱われます。中心の角度を指定する時は、プラスの数値で指定すると始点から反時計回りに描画され、マイナスの数値で指定すると時計回りに円弧が描かれます。
弦の長さについては、円弧の直径以上の数値を入力することはできません。DXF、DWG、JWW、JWC、JWK、SFC、P21、WMF、EMF、BM P、JPGなど。個別の要素とするためには、分解の設定を行う必要があります。
ボリラインとは、複数の要素、線・円弧などをもつ連続したひとかたまりの図形のことです。