AutoCAD




AutoCADのフリーソフトです。
AutoCADをコントロールしてdwgとdxfの相互データ変換、Excelの座標リストよりAutoCADに線と点名を描画する、SIMAデータをDXFデータへ変換するユーティリティー、AutoCADのレイアウトをモデルに書き出すツール、座標一覧表のSima出力・CSV出力、AutoCADから座標値を自動取得、DXF・DWG相互間で一括変換などのフリーソフトがダウンロードできます。

AutoCAD フリーソフト

Dwg-Dxf 連続変換ソフト RunDxf

Dwg-Dxf 連続変換ソフト RunDxf

AutoCADをコントロールして、データ変換 dwg ←→ dxf を連続で行うソフトです。AutoCAD単体ではデータ変換を一枚ずつ行う必要がありますが、RunDxfを使用すれば、Drag&Drop + ボタン一押しで、複数の図面を一度に変換することができます。

DXFDWG

DXFDWG

DXF、DWGの相互間で一括変換するソフトです。DXFからDWG、DWGからDXF、さらに同一形式でも変換可能です。書き込む際にはバージョンの指定ができます。AutoCAD LT 2015で動作確認をしています。データを渡す場合、DXFのファイル形式にしてあげるのが無難です。

Excelの座標リストより、AutoCADに線と点名を描画する

Excelの座標リストより、AutoCADに線と点名を描画する

Excelの路線座標リストより、AutoCADに、線と点名、路線を描画するソフトです。AUTOCAD LT で動作確認しております。DLLをインストールしません。レジストリを操作しません。設定ファイルや中間ファイルは、アプリケーションフォルダーを使用します。

SIMAデータをDXFデータへ変換ユーティリティー

SIMAデータをDXFデータへ変換ユーティリティー

測地データ交換用SIMAデータを、AutoDesk社交換フォーマッ トである、DXFデータへ変換します。ACAD専用機能ですが、AutoCADへは、ブロックデータとして登録されます。誤った場合、一気に削除を行えるので、便利です。解除は、EXPLODEコマンドで一気に行えます。

AutoCad 連続印刷 A-Print

AutoCad 連続印刷 A-Print

AutoCadのスクリプト使って連続処理を行うソフトです。1つは印刷連続で、DWGファイルをDXFファイルを連続で印刷します。又、DWGファイル-DXFファイルを連続変換も出来ます。図面選択は、フォルダ単位と1ファイル単位と圧縮ファイル単位で選択可能です。



AutoCAD フリーソフト その2

ペーパーモデル化ツール

ペーパーモデル化ツール

AutoCADのレイアウトをモデルに書き出すツールです。AutoCADが無くても動作します。DWG/DXFに対応した簡易ビューアが付属しています。ペーパーモデル化ツールは、CAD Power Up KIT [AC01] ライセンスサービスに含まれるツールのひとつです。

超便利 AutoCAD 画層ビューワー Free版

超便利 AutoCAD 画層ビューワー Free版

AutoCADの画層に含まれる図形、オブジェクトを、画層単位に表示するフリービューワーソフトです。シェアウェア版の幾つかの機能に制限を加えています。 AutoCADのネイティブファイル形式である.dwgファイルを開いて、表示、編集、変換することができます。

AutoCAD 連続印刷&処理 スクリプター

AutoCAD 連続印刷&処理 スクリプター

連続印刷・DXF変換の決定版、印刷スタンプに対応しています。図面ファイル毎に違った設定での連続印刷ができます。図面ファイルからレイアウト名の取得、出力デバイスの設定で連続PDF変換ができます。DXFや下位のファイルバージョンに連続変換します。

座標取得&変換プログラム (AutoCAD連携)

座標取得&変換プログラム (AutoCAD連携)

座標一覧表のSima出力、CSV出力ができ、AutoCADのクリックで、座標値を自動取得できます。AutoCADをクリックすると、その座標値をエクセルに返します。エクセルで入力した座標値をSima出力します。エクセルで入力した座標値をCSV出力します。



AutoCADのフリーソフトが、ダウンロードできます。CADマクロ、オートキャド、法面記号、カスタマイズ、土木ソフト記号、アドオンソフト、AUTOCAD便利ツール、舗装展開図などのフリーソフトが、ダウンロードできます。
作業補助機能についての説明です。相対座標は、現在の点から、X軸、Y軸への距離を入力します。極座標は、現在の点からの長さと角度を入力します。作業補助機能は、点や位置を入力する際にマウスの移動が規制されます。直交モード・極トラッキンク・グリッド・スナッブ・オブジェクトスナップGSNAPなどの機能を有効に活用します。
コマンドプロンプトのメッセージを作図領域に指定できる、ダイナミック入力などの機能があります。絶対座標は、原点から、X軸、Y軸への距離を入力します。座標の初期設定は、通常、図面範囲の左下を0,0に設定します。